サイトメニュー

イボの発生原因と除去費用

医者と看護師

イボの原因を断ち、綺麗に除去しよう

イボは治療をしても、再度別の場所にできてしまうことがあります。せっかく治療をしても、またできてしまうことがないよう気を付けなければいけません。いぼがよくできる原因としては、服やアクセサリーによる摩擦、そして紫外線がおもな原因ではないかと言われています。特に30代以降によくできやすく、20代でも稀に多くできてしまう方もいます。老化が進めば進むほど、いぼができる確率が高くなります。よくできるのは、首などの皮膚が薄い所、服の摩擦が起きやすい箇所です。常に服の繊維が皮膚を刺激していると、どんどん増えて大きくなっていきます。また種類によっては、ウイルスによって人に感染するいぼや、悪性のものなど注意をしなければいけないものもあります。出血したり、短期間で大きくなったり(直径7?以上)、黒や茶色などの色が混ざっていたりするようであればすぐに皮膚科を受診しましょう。ほとんどは良性によるできものなので、心配することはありません。ですが、見た目を見極めるのは素人には難しいので、気になる場合も相談をするのがいいでしょう。いぼを増やさない、大きくしない工夫として、「繊維摩擦を極力減らすこと」と「UVケアをきちんと行うこと」です。
いぼの除去は、液体窒素、レーザー、切開法からなる治療法があります。小さないぼはハサミで切るだけで済むこともあり、その場合は、数千円で済みます。液体窒素もハサミ除去による値段と大差はありません。この二つは比較的どこの病院も安い値段になっています。液体窒素は少し痛みを感じますが、安価で、効果も出るのが早いです。ハサミも同様で、スキンダックのいぼの除去によく施術として選ばれます。レーザーと手術は約5000円〜数万円程で、大きさや部位によって変わってきます。レーザーは自由診療なので、手術よりやや高くなります。数が多ければ、更に値段が高くなるので、まとまった費用が必要になります。ですが、ダウンタイムが少ないので早く傷口が治るのが特徴です。大きないぼの場合は、切開になりますので手術代として約1万円以上はかかると考えておいた方がいいです。切開はほとんどが局所麻酔なので、大がかりな検査や手術はありません。処置室で横になり、麻酔を打ってから切開・縫合になります。大きくなる前に、塗り薬や液体窒素で綺麗にできる場合もあるので、いぼが気になったら早めに治療を開始しましょう。そうした方が治療費にかかる値段も結果的に安くなりますよ。料金が気になる方は、保険適応でできる治療法を選択すると、先生もそれに合わせて施術をしてくれます。

Copyright© 2019 負担を感じることなく簡単に切除できる方法もある All Rights Reserved.